女性が転職で考える「働きやすさ」とは

メニュー

登録してオファーを待つだけ
非公開求人多数
転職ノウハウ

転職をお考えの方へ

女性が転職で考える「働きやすさ」とは

2020年1月にアメリカの大手金融会社のCEOが
「アメリカでは女性が経営層に入っている企業の業績は、そうではない企業より著しく良い」と発言し、男性のみの経営陣に対して、今後そのような企業は担当しないと突き放したことがニュースになったのはご存知ですか?

世界中で女性活躍の場面が増えている中で、
日本でも女性活躍推進法が施行され、
女性の社会での位置付けも変化していると感じている人は多いのではないでしょうか。
金沢市などでも女性活躍促進プロジェクト事業があるなど、市区町村などで取り組みをしているところも多くあります。

その一方で、女性が活躍するのには多くの問題もあります。
・「ただ女性の負担が増えただけ」
・「結局出産や育児でキャリアアップは難しい」
などと思っている人はたくさんいます。

女性の 「キャリアアップ」+「出産・育児をする」 という両立には、
まだまだ企業側が「働きやすさ」というものを考え、女性が不利に思っていることを払拭していく必要があるとされています。

女性にとって働きやすい会社とは??

では、現代女性の仕事への価値観や会社を選ぶ際に重視する待遇や福利厚生などを調査してみました。

女性が重視する福利厚生

女性が転職活動の際に重視する福利厚生は、子育てへのサポートと、金銭面のサポートです。この二つは多くの女性が「あってほしい福利厚生」と答えています。 女性活躍に取り組む企業はこの二つの福利厚生を適用させているところがほとんどです。

子育てへのサポート 

子育てへのサポートは育児休暇・出産休暇に加え、短時間勤務制度などがあげられます。

実際、男性でも育児休暇を取得でき、女性のキャリアアップを推奨している会社も増えてきていますが、やはり女性が育児休暇をとるケースが多いのが現実です。

将来、育児休暇などをしっかり取りたいと考えている女性は、転職の際に子育て面の福利厚生はチェックしておくべきでしょう。また、出産休暇・育児休暇後もキャリアアップを考えている方は、仕事復帰できる環境が整っているのかということもしっかり見極める必要があります。

金銭面のサポート

もう一つは金銭面のサポートです。寮や社宅の有無や、住宅補助・家賃補助は年代問わず、また性別問わず、福利厚生のなかで重要するポイントでもあります。

女性の仕事へのモチベーションとは?

現代、女性が仕事に対してのモチベーションとして、給与以外に、仕事内容・やりがいと答える人が増えています。企業から女性はリーダーや役員に昇進したがらないという声も少なくありません。それは、女性の仕事へのモチベーションが男性のモチベーションと少し違うからです。女性はライフステージによってモチベーションは変わっていきます。だからこそ、給与だけではなく、仕事が面白いのか、その仕事で望む人生が歩めるかなどを重視する傾向があるのです。    

また、働き方改革により、ワークライフバランスの改善に関心を持っている人が増えています。生活のスタイルとして、仕事よりプライベートの時間を大切にしたいという人は、有給休暇などが取りやすいなど、ワークライフバランスを重視し、転職活動をしている人も多くいます。

働いている女性が不利に感じる事とは

現在、働いている女性が、不利だなと感じるポイントの中で、大部分を占めているのが「社会復帰」、「給与・待遇の差」、「出世が難しい」ということです。

結局のところ、会社がどんなに福利厚生などを手厚くしても、働いている女性が不利だと感じる場面は、福利厚生ではなく、その会社の雰囲気や職場環境なのではないかと思います。

女性が会社を調べる際には、女性の比率や、社会復帰をした女性がいるのかなど、チェックすべきポイントに入れるべきかもしれません。

まとめ

現在、企業側が女性に働きやすい環境を提供するために、ユニークな待遇などを打ち出しているところも多くあります。

一方で、まだ女性が不利だと感じる企業が多々あるのも事実です。

女性で転職を考えている方は、企業のことを福利厚生などだけでなく、よく調べたうえで会社を選びましょう。

転職ノウハウTOPへ

こちらの転職ノウハウも人気です

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE