ご利用規約 | ほくりくFIT転職

メニュー

登録してオファーを待つだけ
非公開求人多数

ご利用規約

第1条(転職支援サービス)

転職支援サービスとは、株式会社人材情報センター(以下「人材情報センター」といいます)が運営する「FIT転職」をはじめとする転職支援サービスの総称をいいます。

第2条(会員)

  • 「FIT転職 ご登録会員」(以下「会員」といいます」)は、人材情報センターにおける転職情報提供のサービスを受けることができます。
    「会員」とは、「FIT転職」 に個人情報及びその他の情報を登録し、人材情報センターがこれを承認した方をいいます。
  • 会員は登録の時点で、本規約の内容を承諾しているものと見なします。

第3条(会員サービスの変更等)

  • 人材情報センターは、会員への事前の通知なくして、会員向けのサービスの変更または一時的な中断を行うことがあり、会員はこれを承諾します。
  • 人材情報センターは事前に会員に通知の上、会員サービス全体の提供を長期的に中断もしくは終了することができます。

第4条(個人情報等の取り扱い)

会員の個人情報については、別記「転職支援サービスにおける個人情報の取扱いについて」に則り、適正に取り扱うこととします。

第5条(提供された情報の人材情報センターによる利用)

人材情報センターは、 会員から提供された情報内容を、人材情報センターの編集または発行、発売するものに転載することを了承するものとします。また、この場合の著作権は、人材情報センターが所有するものとします。ただし、この際、人材情報センターは、会員の氏名等の個人を特定できる情報の保護に万全の注意を払います。会員の事前の了承なく、企業等に個人情報を提供することはいたしません。

第6条 ( 人材情報センターからの情報サービスの提供 )

会員は、入会時の登録データに基づき、人材情報センターが編集する各種情報サービスの着信を了承するものとします。

第7条(会員の禁止行為)

1. 会員は、転職支援サービスの利用に際し、以下の行為をしないものとします。

  • 意図的に虚偽の情報を登録すること
  • 他の会員又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
  • 他の会員又は第三者を誹謗中傷する行為
  • 法令、公序良俗に違反する行為、またはその恐れのある行為
  • 「FIT転職」を通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他、私的利用の範囲を超えて使用すること
  • 「FIT転職」の運営を妨げ、あるいは人材情報センターの信頼を毀損するような行為、またはその恐れのある行為
  • 転職支援サービスを通じて紹介を受けた求人企業に対し、人材情報センターの承諾なく直接連絡をとり、採用選考を受けまたは入社する行為
  • 反社会的勢力等に関連する組織に属する行為、反社会的勢力に利益を与えまたは利用する等不適切な関係を持つ行為、もしくはそれらのおそれのある行為

2. 人材情報センターは、前項に定める行為を行った会員に対して、転職支援サービスの利用を停止し、将来にわたって利用することを拒否することができます。

第8条(不可抗力)

天変地異、ネットワーク上の障害、通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス被害、その他人材情報センターの責によらない事由によってサービスの提供が遅延し、または困難もしくは不能となった場合、これによって利用者に発生した一切の損害について、人材情報センターは責任を負わないものとします。

第9条(免責)

人材情報センターは、転職支援サービスの利用により生じた、人材情報センターの責めに帰すべき事由のない一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。

第10条(本規約の変更)

人材情報センターは本規約を随時変更することができるものとします。変更の内容については 「FIT転職」上に事前に通知した時点で、すべての会員が了承したものとみなします。

付則

  • この規約は 2020年6月1日から実施します。
  • 人材情報センターは、会員に対し無料でイベント情報、特定企業情報を含む就職情報等の各種情報のE-mail案内を送信させていただくことがあります。
  • 「FIT転職」を利用するための電話料金やインターネット接続費用、パケット通信費用等はすべて利用者側の負担となります。

転職支援サービスにおける個人情報の
取り扱いについて

1. 利用目的

転職支援サービスで得た「あなたに関する個人情報」(以下「個人情報」という。)は、以下の目的で利用させて頂きます。

  • 本人のご承諾やお申込みに基づく当該求人企業に対する情報提供
  • 求人照合、求人情報の提供、応募先企業における書類選考、応募に基づく求人企業及び職業紹介会社等への情報提供等、適切な職業紹介サービスを行なうこと
  • 職業紹介サービスの利用状況の確認
  • 応募・入退社等の事実に関する確認
  • アフターサービス、お問い合わせ対応
  • 職業紹介に関するイベント情報等のご案内
  • 職業紹介サービスの向上、ご登録情報の統計的処理
  • 求人企業への採用業務及び職業紹介業務に関するコンサルティング
  • 職業紹介サービス、その他当社が提供する各種サービスに関する情報提供

尚、個人情報の登録・提供は、任意となりますが、必須項目にご記入頂けない場合には、サービスをご提供できない場合がありますのでご了承ください。

2. 安全管理

「個人情報」は、当社の定める一定期間(約4年間)、当社において厳重な管理体制の下、保管させていただきます。尚、ご登録より1年間紹介実績のないまま経過した場合、または転居先不明等により当社との連絡が不通となった場合、当社の判断によりサービスの休止または個人情報を抹消させていただく場合があります。(サービス再開をご希望される場合は、再度ご登録をお願いします。)

3. 第三者への非開示

本人の同意を得ずに個人情報を第三者に開示することは、原則いたしません。開示を行なうのは、提供先・提供情報内容を特定したうえで、本人の同意を得た場合に限ります。
但し以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、本人の同意なく個人情報を開示することがあります。

  • 法令の規定による場合
  • あなたの生命・健康・財産等の重大な利益を保護する又は公共の利益を保護するために必要な場合

4. 個人情報の委託

情報処理やメンテナンス等、業務上の必要性により、「個人情報」を外部に委託する場合があります。委託先については、個人情報取り扱いの安全性確認、秘密保持契約の締結等、適切な管理を行っています。

5. 個人情報に関するお問合せ

  • 個人情報の開示・訂正・削除・利用停止(以下、「開示等」)について
    開示等を希望される方は、「申込書類一式」をお送りしますので、下記までご連絡ください。 尚、受付けの際に「氏名・住所・連絡先」を書類送付のためお聞きします。
    (連絡先) TEL:076-263-6663 担当:相談窓口責任者 高桑まで
    電子メール:privacy@jjc-net.co.jp
  • その他、個人情報の取り扱いに関する苦情・相談について
    (連絡先) TEL:076-263-6663 担当:相談窓口責任者 高桑まで
    電子メール:privacy@jjc-net.co.jp

6. 個人情報保護管理責任者  

(連絡先)株式会社人材情報センター 個人情報保護管理責任者:高桑
TEL:076-263-6663 E-mail:privacy@jjc-net.co.jp

セキュリティ確保のために

当サイトでは、利用者の個人情報を保護するためのセキュリティについて、以下の取り組みを実施しています。

1. SSLについて

当サイトでは、利用者が安心して入力していただけるように、個人情報を入力するページに暗号化技術の SSL(Secure Sockets Layer) を導入しています。SSLでは、入力されたデータは、お使いのパソコンで暗号化されてから登録先のコンピュータまでのネットワークを流れます。

2. クッキー(Cookie)の使用について

当サイトでは、クッキー(Cookie)を利用して、利用者がID、パスワード等を毎回入力する手間を省いたり、訪れたページの履歴情報などを収集することがあります。 クッキー(Cookie)によって利用者の個人情報を取得することはありません。またクッキー(Cookies)の受取を拒否することができますが、この場合、当サイトが提供するサービスをご利用いただけない場合があります。

3. ウェブビーコン(web beacon)の使用について

利用者のサイトのご利用状況を調査するためにウェブビーコンを使用する場合がありますが、これにより皆様のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスといった個人を特定可能な情報を取得することは一切ありません。

4. アクセスログについて

当サイトでは、利用者が本サイトにアクセスした場合、その情報は、本サイトのWebサーバ上にアクセスログとして蓄積する場合があります。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名や使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。

5. 不正アクセスについて

当サイトでは、ファイアウォールの設置により外部からの不正アクセスを防止するなど、サイト内における情報保護に万全を期しておりますが、不正アクセスやこれを助長するような行為については、行うことのないようにお願いします。

6. クロスサイトスクリプティングの脆弱性について

当サイトでは、Webアプリケーションの開発時に、適切な検査・処置を行っております。
注:「クロスサイトスクリプティング」は、Webページとして動的に HTMLやXML等のマークアップ言語のソースを生成する仕組みを設けている場合、セキュリティ上の問題となるものです。

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE