30代キャリアアップ転職で知っておくべきこと!!

メニュー

登録してオファーを待つだけ|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

非公開求人多数|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

転職ノウハウ

転職をお考えの方へ

30代キャリアアップ転職で知っておくべきこと!!

 

 

一般的には転職は35歳までと言われていますが、何故35歳なのでしょうか。
もちろん35歳を過ぎたら転職できないということはありません。

30代からのキャリアアップには、20代と差を付けるためのアピールが必要となります。
私たち「ほくりくFIT|富山県」でも30代からの転職希望者を多くいます。
そこで今回は、30代で転職してキャリアアップを目指す人たちに向けて、
30代の転職事情と、転職のポイントをご紹介します。

【30代の転職】企業側は何を考えている?

なぜ35歳からのキャリアアップは難しいと言われているのか。
逆に、30代を採用している会社は、何を求めているのでしょうか。

キャリアアップが35歳までと言われている理由とは

キャリアアップの年齢上限は企業によって様々な理由があることは確かです。
しかし、よく言われているのは30代前半と30代後半で転職活動のやり方が変わると言われています。

キャリアアップが35歳までと言われている主な理由は、

  • 未経験の場合は、一から仕事を覚えなければいけないが、20代など若いときは頭も柔軟で吸収が早いが、年齢とともに吸収するスピードが遅くなるから
  • 20代など若い世代は、比較的素直に物事を聞くが、年齢が高まるにつれて素直さ、謙虚さが減り、指導しにくい
  • 社内の年齢バランスが大切であり、年齢が高い方が入社すると既存社員との関係性が難しくなる。
  • 年齢給などもあり、年齢が高い方を採用すると人件費のコストが上がる
  • 35歳を過ぎると管理職というポジションの社員が増えるため、一般職での採用を考えると30代前半までが現実的。入社してから仕事を覚え、一人前になるには数年かかる。そのため管理職になることを考えると35歳くらいが上限になる。
  • 社内の年齢構成(ピラミッド)を考えても、社内の平均年齢以下の方を採用にしたい
  • 若いフレッシュで元気な社員を採用して、職場に刺激を与え、職場風土を活性化したい

などです。

転職で30代が求められる理由とは

一方企業が、30代(35歳以上含む)を採用したい理由はなんでしょう。
それは、20代では満たせない部分を30代が持っているということです。

具体的には、

  • 社会人の基礎を持ち合わせており、基礎教育をする必要がない
  • 社会人となって長い期間キャリアを積んできており、実務スキルの即戦力として期待できる。自社の仕事もすぐに覚えることができる。
  • 部下、後輩指導経験により、若手の指導育成を任せられる
  • これまでのスキル、経験を活かし、職場に新しい風(知識・技術・考え方)を吹き込み、刺激を与えられる
  • 多くの経験を積んできているため、強い精神力(メンタル)も期待できる
  • 幹部候補、管理職候補として、すぐに活躍が期待できる

 といったものです。

【ここがポイント!】30代からのキャリアアップ

上記で述べたように、20代の転職と30代の転職は、そもそも企業から求められていることが異なってきます。
つまり、転職をする際には、「この会社は私に何を求めているのか」というのを理解する必要があるのです。

30代からのキャリアアップ転職で大切なポイントは、

  • これまでの自分の経験スキルを最大の武器にして売り込めるかどうか
  • これまでの経験でPRできる領域・実績を持っているか
  • マネジメントという領域についての経験、もしくは興味、やる気があるか
  • 良好な人間関係(上司、同僚、部下、後輩、お客様、取引先業者など)を築けているか

これらは、もちろん転職先企業にとってメリットを感じてもらえる内容であることが前提です。

また、私たちのような転職エージェントへの登録をおすすめします。
リクルーターの方たちは、その企業がどのような人材を求めているかなど詳しく知っています。
転職を成功させるためにも、多くの情報や、第三者からの意見が得られるということはとても大きなメリットになります。

 30代からのキャリアアップ転職は、これまでの自分の経験を最大の武器とできることが、自分の価値を高め、好条件の提示を受けるためにも大切になってきます。

転職ノウハウTOPへ

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE