あなたのワークライフバランスの満足度は?

メニュー

登録してオファーを待つだけ|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

非公開求人多数|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

転職ノウハウ

転職をお考えの方へ

あなたのワークライフバランスの満足度は?

女性が働くにあたり、妊娠・出産というタイミングで仕事を中断したり、仕事に復帰した後も育児のために時短で働いたりという場合があります。
その時に意識するのが、「ワークライフバランス」ではないかと思います。バランスのとれた毎日は、仕事にも私生活にも、相互に良い影響を与えます。
あなたにとって、バランスのとれた働き方とはどんなものでしょう?

バランスのとれた働き方とは

下記にバランスのとれた働き方の例を挙げます。
<例>
・やりがいのある仕事をしつつ、家族と過ごす時間がしっかりとれている。
・勤務後に趣味の習い事にいけるように、仕事のスケジュール管理が上手くいっている。
・仕事もプライベートも充実感があり、毎日いきいきと過ごしている。

逆にワークライフバランスの満足度が低い場合、ストレスが日に日に溜まり、精神的にも肉体的にも疲れてしまうことがあります。
残業続きで毎日の睡眠時間が不足し体がつらい、会社の人手が足りず休日出勤しなくてはいけない、仕事が忙しく家族との時間が取れない等、こういった悩みがある方は要注意です。

女性が働きやすい制度・取り組みとは

女性が働くうえで、どんな制度や仕組みがあるでしょうか?
その一例をご紹介いたします。
※こちらのページで紹介するのはあくまで一例です。
法律で決まっている制度以外、どんな制度・仕組みを採用しているかは企業によって異なります。
また、その内容も企業によりますので、具体的にどういった制度があり、利用できるかは企業に確認しましょう。

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、始業・終業時刻や労働時間を、社員自らが決めることによって、効率的に働くことができる制度です。例えば、「勤務時間は9~18時」のように勤務時間が固定されず、働く人が自分のライフスタイルに合わせた働き方が選べます。
通勤ラッシュを避けた時間に会社に向かうことができる等のメリットがあります。

育児休業

育児休業は、労働者が原則としてその1歳に満たない子を養育するためにする休業のことです。
その他、企業によっては「育児休暇」という制度がある場合があります。
(参考:厚生労働省 育児・介護休業法のあらまし https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000103504.html)

生理休暇

生理によって体調が悪い場合に休みが取得できる制度です。
生理のつらさは人それぞれですが、腹痛の他にも倦怠感、下痢、吐き気等の症状がある人もいるそうです。仕事ができないほどの辛さを感じる場合は、こういった休暇がとれると安心ですね。

マタニティ休暇

妊娠期間中の社員が検診による通院や体調管理、体調不良等により、休暇を取得できる制度です。

事業所内保育所

就業中に社員が子供を預けられるように、事業所内に設置された保育所のことです。
待機児童の関係で保育施設へ子どもを預けられる先のない社員にとって、勤務先に保育所があることはありがたいですね。

テレワーク

総務省ホームページによると、「テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。」とのことです。
テレワークをすることによって、自宅で就業する等、場所に依存することなく、いつでもどこでも仕事をすることができます。
育児中の社員にとっては、通勤時間がかからなくなるので、子どもを保育所に迎えにいく直前まで仕事をすることができ、効率的に仕事ができます。
(参考:総務省 テレワークの意義・効果
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/18028_01.html)

ワークライフバランスの満足度を上げる転職をするためのポイント

もし、現在の職場では仕事と生活の両立がなかなか難しいとなった場合は、思い切って転職することもひとつの手です。そこで、ワークライフバランスの満足度を上げる転職をするためのポイントをお伝えいたします。

どんな風に暮らしたいか明確にする

あなたが働くうえで譲れない条件はありますか?
「今はこの点が上手くいっていないから、転職先ではこれを叶えたい!」等、チェック項目を書き出してみましょう。その中から優先順位をつけることで、自分が一番叶えたいことが何なのかが見えてくるはずです。

転職先の情報収集をする

転職を希望する企業には、どんな福利厚生や支援制度があるのかを調べましょう。
子育て世代の方であれば、育児休業や子どもの看護休暇は取得できるのか、育児中の短時間勤務はできるのか、リモートワークは可能か、社内に子育てしながら働いている人はどれくらいいるか等を確認しておきましょう。また、転職時の面接等で実際に勤務している育児中の方に話を聞くことができれば、具体的にイメージしやすそうですね。

石川県は女性就業率が高い!

石川県は女性就業率が全国2位(令和2年(2020)版 石川100の指標より)です。
保育所普及率も全国トップクラスであり、待機児童はゼロで、子育て中の女性にとって働きやすい環境が整っています。
仕事と育児を両立するためには、家族や地域・自治体の支援サービス等のサポートを活用して、働き方を工夫しながら無理のない働き方をしましょう。

まとめ

社会人にとって、仕事をする時間は一日の活動時間の半分近くを占めています。
そんな長い時間だからこそ、心にゆとりを持ってあなたに合った働き方ができれば、ワークライフバランスの満足度は上がります。
働く女性にとってワークライフバランスを考えることは、自分の生き方を見つめなおす良い機会です。よりよい人生を送るために、理想の働き方を考えてみるのはいかがでしょうか?

転職ノウハウTOPへ

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE