異業種への転職は難しい?年齢制限・業種・職種について解説

メニュー

登録してオファーを待つだけ|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

非公開求人多数|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

転職ノウハウ

転職をお考えの方へ

異業種への転職は難しい?年齢制限・業種・職種について解説

コロナ渦で、不況に強い業種・弱い業種の明暗がはっきりと分かるようになった今日この頃、「今後の生活が不安だ」「もっと安心できる業界に行きたい」と安定性を求めて異業種への転職をお考えになる方も多いのではないでしょうか。

今回は異業種への転職にチャレンジしたいあなたに向けて、石川・福井・富山の北陸3県でマッチング率no.1の実績をもつ、≪ほくりくFIT転職≫の転職エージェントが、
1.業界未経験からでも異業種への転職はできるのか
2.異業種からでも転職しやすい業種・職種とは
3.異業種への転職を成功させるポイント
について解説していきます。

1.業界未経験からでも異業種への転職はできるのか

未経験・異業種への転職事例はザラにある

意外かもしれませんが、20代で異業種へ転職した人の割合は全体の60%以上となっており、半数以上の転職者が異業種へと転職を果たしています。これは、今後の伸びしろを加味したポテンシャル採用の側面が大きく影響しています。つまり、年齢が若ければ若いほど、未経験であっても異なる業種へ転職できる可能性が高くなるということです。

異業種へ転職できるのは何歳まで?

30代になると、全くの未経験分野への転職は難しくなります。30代以降の異業種への転職では、キャリア・経験といった「自社で活かせるスキル」を求められるためです。自分のスキルを活かせる業種であれば、未経験からでも問題はありません。40代以降になると、管理職としての転職であれば、異業種への転職事例も可能性があります。十分な実績・マネジメントスキルを備えている場合は、異業種からの転職であっても歓迎されることでしょう。つまり、異業種へ転職できるのは30代前半が限度であり、転職を考えている場合は20代のうちに転職してしまった方が無難です。若年者の県外流出が深刻な石川・福井・富山の北陸エリアでは、たとえ未経験・異業種であっても首都圏と比較すると、転職はしやすい環境であると言えます。

 

異業種からでも転職しやすい業種・職種とは

難易度の高い異業種転職ですが、転職しやすい業種・職種もあります。

転職しやすい業種1.IT・ソフトウェア・情報処理

5G、AIやIoTの普及に伴うシステム開発需要の増加、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連の需要、EC市場の拡大などから大幅な成長が見込まれているIT・ソフトウェア・情報処理業界は、慢性的な人手不足・人材不足により、異業種・未経験者にも門徒が広い業界です。事実、当社の求人もプログラマーやSE (システムエンジニア) の求人が豊富に存在します。背景としては、コロナの影響を受け、首都圏から石川・福井・富山へUターン・Ⅰターンを考えている方を獲得したい考えがあります。採用活動が盛んなIT・ソフトウェア・情報処理業界であれば、異業種からの転職も比較的容易にできると言えるでしょう。

転職しやすい業種2.メーカー

鉄鋼や、自動車など、高度経済成長期より日本経済を支えてきた業界が落ち目となる一方で、工場の自動化を図るFA関連(オートメーションファクトリー化)、化学、製薬業界はコロナ渦でも業績を上げています。製造業の中でも、変わらず人々に必要とされる商品を作る業界は成長市場と言えるでしょう。ものづくりの盛んな石川・富山・福井の北陸エリアでは、これら成長産業の製造業が多く拠点を構えています。それに伴い、優良メーカーの求人も他都道府県と比較すると豊富に存在しているため、メーカーを志望する求職者にとってはおすすめのエリアと言えます。

転職しやすい職種1.営業職

業界の常識や知識などはそれぞれに違いがあるものの、業務のタスクで言えば大きな違いはない営業職は一般的に異業界からの転職であっても受け入れやすいと言えます。潤沢な経験のある営業職経験者であれば、採用を検討する候補者となりやすいでしょう。

転職しやすい職種2.経理職・総務職

営業職同様、異業種であっても業務のタスクには大きな違いがないため異業界からの転職もしやすい職種でしょう。ただし、これらの職種は利益を生み出す部門ではないため、席数には限りがあります。欠員補充などがない限りは、求人ニーズが見込めない可能性も十分にあるため注意が必要です。

 

異業種転職を成功させるポイント

活かせるスキルを洗い出す

中途採用ではスペシャリストより、幅広く業務をこなせるゼネラリストが評価されます。理由としては、ゼネラリストの方が求職者の経験と採用側が求める業務が一致しやすいためです。スペシャリストは、経験と求める業務が一致したときにはとても強い即戦力となり得ますが、実社会でピタリとはまることはそれほど多くはありません。そのため、異業種転職を成功させるためには、自分が持っているスキル・経験の中で、応募先企業でも同様に活かせるものを整理しましょう。

求められる人物像から、自分の強みをまとめる

応募先企業が求める人物像に合わせて自己アピールを作成しましょう。作成の際には、前述した通り応募先企業でも活かせる自分のスキル・経験をアピールするようにします。また異業種からの転職だからこそ「なりたい自分像」「入社後にチャレンジしたいこと」といった、将来的なキャリアプランも明確にした上で、アピールポイントに盛り込むこともおすすめです。

アピールポイントが分からない場合は転職エージェントを頼る

業界未経験であれば、「自分の何をアピールすればよいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。客観的に自分を見て、さらに応募先企業が求める経験・スキルとすり合わせを行うのは、自分一人では難しい作業です。そんなときは、転職エージェントを頼ってみるのもおすすめです。転職事情に詳しい第三者から見ると、思わぬアピールポイントが見つかることもあります。また、非公開求人から自分にぴったり合う優良企業の求人を紹介してもらうことも可能です。

転職エージェントに申し込む

石川・福井・富山の北陸3県で異業種への転職をお考えなら、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

転職ノウハウTOPへ

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE