福井県は有効求人倍率が日本一高い

メニュー

登録してオファーを待つだけ|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

非公開求人多数|北陸の転職情報・求人検索なら石川県、富山県、福井県でNo.1の転職サイト「ほくりくFIT転職」

転職ノウハウ

北陸の求人事情

福井県は有効求人倍率が日本一高い

実は、北陸地方は産業に適しており、日本海側で随一の工業圏です。
シェアトップ企業が多くあり、女性の就業比率なども高いため、
私たちのほくりくFITでも「優良企業」と言われている会社の求人を多く見かけます。

今回は、北陸の中でも、日本一の有効求人倍率である福井県の企業特徴などをご紹介します。

そもそも有効求人倍率って何?

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人数の割合のことで、全国のハローワークの求人数と求人者数を基に、都道府県労働局が発表しています。
有効求人数を有効求職者数で割って算出し、倍率が1を超えれば求職者数よりも働き手を求めている求人数が多いことを示し、倍率が1を下回ると働き手を求める求人数よりも求職者が多いことを示します。

都道府県別の有効求人倍率は?

2020年4月時点での全国平均の有効求人倍率は1.32となっています。
ここで有効求人倍数が高い3都道府県と有効求人倍率が低い3都道府県をピックアップしてみました。

<有効求人倍率が高い都道府県>
1位 福井県 1.88
2位 岡山県 1.76
3位 東京都 1.73

<有効求人倍率が低い都道府県>
1位 沖縄県 0.91
2位 青森県 1.00
3位 神奈川県

この4月、新型コロナウィルスの影響で求人数なども落ち込んでいた中、倍率が上昇したのは福井県だけでした。

また、このランキングを見てわかる通り、有効求人倍率が最も高い福井県は1人あたり1.88つ仕事があるということであり、有効求人倍率が最も低い沖縄県と比べて2倍職業選択の機会が多い環境と言えます。1位である福井県には多くの求人が出ていることから
転職を考える際には、有効求人倍率を見て、福井市などの求人が多いエリアを見てみるのも作戦の1つとして使えます。

職種別有効求人倍数は?

次に、職種別の有効求人倍率を見ていきます。
2020年4月時点での職種別有効求人倍率の上位5職種をランキングにしました。

1位 建設躯体工事(9.5倍)
2位 採掘(8.74倍)
3位 保安(6.09倍)
4位 建築・土木・測量技術者(5.49倍)
5位 土木(5.41倍)

建設関連の求人倍率が高い傾向にあるということがわかります。
これは熊谷組、前田建設工業、飛島建設等の大手建設会社が創業した地でもあることにも起因しているものと考えられます。

 

福井県はなぜ有効求人倍率が高いのか

上記の記事で福井県の有効求人倍率が高いということが分かったと思います。
ではなぜ福井県の有効求人倍率が高いのかをご紹介していきます。福井県の有効求人倍率が高い理由は2つあります。

 福井県の有効求人倍率が高い理由「主要産業」

1つ目は、福井県の主要産業です。
福井県の主な産業は、製造業です。その中でも繊維、電子・デバイス、プラスチック、電気機械、化学が高い割合となっている産業です。有名な例では、眼鏡の生産で、日本国内の約90%を占めています。

これら製造業は一般に人材育成に長期間の手間暇を要するため、慎重に採用選考するため勤務年数も長く、結果転職希望者数が少ないことで有効求人倍率が高くなっているのです。

福井県の有効求人倍率が高い理由「企業の数」

2つ目は、企業数です。福井県は人口当たりの出身都道府県の社長数で、38年連続トップになっています。そのため、企業数が多いと言えます。また、福井県の企業は技術系の仕事や製造業比率も高いという理由が重なることから、有効求人倍率が高くなっています。

 

福井県の魅力

以上が福井の有効求人倍数が高い理由です。

また、福井県は、有効求人倍率が高いだけではなく
失業率が低いことや幸福度ランキングが1位ということなど、
様々な分野においてトップクラスに位置している県なのです。

転職を考える際には、参考にしてみてはいかがでしょうか。

福井県の求人はこちら

転職ノウハウTOPへ

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE