富山の転職情報・求人検索なら富山県でNo.1の転職サイト
「とやまFIT転職」

メニュー

登録してオファーを待つだけ|富山の転職情報・求人検索なら富山県でNo.1の転職サイト「とやまFIT転職」

非公開求人多数|富山の転職情報・求人検索なら富山県でNo.1の転職サイト「とやまFIT転職」

【富山】転職ノウハウ

転職をお考えの方へ

転職希望者必見!中途採用の面接はココが見られる

新卒の就職活動では、エントリーシート等での書類選考、筆記試験、グループディスカッション、個人・集団面接等、対策をするべき項目がいくつもあります。

それに対して、中途採用で一番重要になるのが「面接」です。

新卒採用と違い、中途採用の場合、企業があなたに求めるものは「即戦力」です。この会社に入ってあなたがどのように活躍できるのか、つまりあなたが企業にとってどういう利益をもたらす人物であるかをうまく伝えることが重要になります。

また、現社員が仲間として迎えるに相当する人であるかがカギとなりますので、入社の意向を強く持って挑むと好印象を与えられます。

本記事では、中途採用で最も重要となる「面接」のコツについてご説明したいと思います。

 

中途採用の面接では何が聞かれる?

面接を成功させるためには、あらかじめ準備しておくことが必要になります。

まずは中途採用で想定される、面接での質問の答えを準備しておきましょう。

事前にポイントをまとめて練習しておくと、面接がスムーズにいきます。

 

ここでは、最低聞かれる4つの項目についてご説明したいと思います。

1.自己紹介・自己PR

まずは、中途採用に限らず、絶対必要な項目が自己紹介と自己PR になります。自己紹介と自己PRは面接の最初に設けられていることが多いため、ここで躓くと一気に印象が悪くなってしまいます。どうしても自分を良く見せようと思ってしまいがちですが、ここでは明るく普段の自分を出す事が失敗しないためのコツになります。意識することは簡潔にかつ分かり易く伝えることです。

 

2.志望動機

自己紹介・自己PRと並んで聞かれるのが「志望動機」です。会社側もなぜ自社を選んだのかが気になる点となっております。そのため、その業界を志望した理由はもちろん事、競合の中でも何が決め手でその会社を志望しているのかを事前に整理しておくようにしましょう。

その企業の分析だけではなく、競合との差異を見つけ、魅力に感じたポイントを話すことができれば、企業側からに本気度があると思わせることができます。

志望動機を考える際には、明確な答えを話せる状態にしておきましょう。

 

3.転職を考えた理由

中途採用の面接にあって、新卒採用の面接にない項目が、「転職を考えた理由」です。当たり前ですが、企業は転職を考えた理由について気になっているケースが多いです。仮に転職を考えた理由が「なんとなく新しいことがしたい」などの理由であれば、また飽きたらすぐに辞めるのかなという悪い印象を与えてしまいます。

そのため、転職を考えた理由を話す際には、どのような背景があって次に何を具体的にしたいかを答える必要があります。

転職を考える理由は、新しいことに興味が湧いたからなどのプラスの理由だけではなく、前職の人間関係が悪かったからなどマイナスの理由であることも実際は多いと思います。正直に話す事がダメというわけではないですが、ネガティブという印象を与えないように意識することが必要です。

 

4.転職した際に活かせる今までの経験・スキルとは?

中途採用の面接で絶対に聞かれるのが、前職での経験を元に活かせるスキルがあるのかどうかです。冒頭でもご説明させて頂きましたが、企業は中途採用の方には、即戦力を求めています。

そのため、企業側は中途採用の方に過去の経験を元に何ができるのか、また企業にとって何がプラス要因になるのかを期待しています。

ここでは、前職での実績や貢献したことを簡潔にまとめておく必要があります。実績や資格などの目に見えるスキルは話しやすいかと思いますが、リーダーシップがあるや積極性があるなどの目に見えないスキルもアピールポイントになります。実績などに比べると難しいかもしれませんが、相手に伝わるかどうかを事前に整理しておく必要があります。

 

ここでは、最低抑えておくべき4つの項目の詳細についてご紹介してきました。

次の章では、面接の際に意識するべきポイントについてご説明したいと思います。

 

面接で意識するべき3つのポイントとは?

1.結論は最初に端的に答える

それぞれの質問について、答える時は結論から話しましょう。ポイントを2~3点ほどにまとめ、相手が理解しやすいように答えることが大切です。

長々と話し、結論を最後に伝えるのはNGです。答えた内容について、面接官から追加で質問がきたら、より詳しく説明しましょう。

企業の人事担当者は忙しく、面接にあてられる時間は短いのです。短時間で自分の良さが面接官に伝わるように努めましょう。

また、質問されたこととずれた、的外れな回答をしてしまう人がいます。聞かれた質問には、的確に答えましょう。

 

2.ポジディブな内容を

質問に答える際にはポジティブな内容で終わるようにしましょう。

例えば、自己紹介の際に「私は新しいことを覚えるのが苦手です。」と答えた場合、面接官はどう思うでしょう?「仕事覚えが悪そうだな。」と思われてしまいます。

そこで、「私は新しいことを覚えることが苦手なので、しっかりメモをとること、復習を必ずしています。そのおかげで、毎月の営業レポートでは今までミスなしで作成できています。」というように答えれば、苦手なことに対する対応をしっかりしていること、ミスがない仕事ぶりということを企業にアピールできます。

転職を考えた理由についても同様です。もしあなたが「今の会社は人間関係が悪く、転職を考えました。」と答えたとすればどうでしょう?面接官は、「うちの会社に入ったとしても、人間関係ですぐに辞めてしまうのでは…」と思い、お断りをすることに繋がりかねません。特に、転職理由についてはネガディブな回答にならないように気をつけましょう。

 

3.はきはきと聞き取りやすく

なんといっても面接では相手が聞き取りやすい声で、はっきりと質問に答えることが重要です。いくら内容が素晴らしくても、小さな声で覇気がなく答えてしまうと、面接の印象が悪くなってしまいます。

 

まとめ

本記事では、面接の際に絶対に聞かれる4つの項目と、面接の際に意識するべき3つのポイントについてご説明させて頂きました。

本論で述べたことだけでなく、身だしなみやマナーなどの基礎的なことができているかも見られています。

スーツにゴミがついていないか、髪の毛は整えてあるか、歯に青のりなどがついていないかなど基本的なことも忘れないようにしましょう。

たった数分の面接では、分からないことが多いため、待合室でのマナーや見た目の印象もチェックされています。きちんと清潔感のある服装・外見になっているか、面接の前に今一度トイレで確認しましょう。

自分にとって最高の転職になるように、事前に面接の準備をしましょう。

面接と聞くと、緊張してしまいがちですが、しっかり準備しておくことで不安はかなり減らせます。自分にとって最高の転職になるように、最大限の準備をしたうえで臨むようにしましょう

【富山】転職ノウハウTOPへ

職種から探す

Pagetop
非公開求人多数!

CLOSE